2005年11月04日

『hollow』キャラ感想。

Fate/hollow ataraxia』の「9万時間以上プレイ中!」の阿呆なバグ、現在何と10万時間を超えている。プレイ秒数がプレイ時間数に切り替わっているのだろうか。
公式サイトのサポートページに書き込もうかと思ったけど、実害がないのでまだ書いていない。もしかして、新しいチケットでプレイ開始してもバグは継続されるのだろうか。だったらちょっと嫌だな。気が向いたら確認して、バグったま間なら改めて書き込もう。

クリアして数日経ったので、キャラ別に思ったことを書いてみる。少々身も蓋もない表現なので御注意を。

ネタバレ注意。
2005年11月04日

聖杯の行方(トラぶる)。

Fate/hollow ataraxia』の花札、トラぶるモードで、令呪を残さずに神父と愉快な仲間たちに勝つと、最後に師弟対決があった。最初は何とか切り抜けたけど。
で、残して勝つとどうなる? ということで実験してみた。

……最初の慎二にすら負けまくり。

ギル様とランサーの使い勝手に慣れて、すっかりダメダメになってしまっている。慎二を倒しても次のセイバー、そして桜が……泣きそう。
戦闘キャンセルは赤主従とギル様に残しておくつもりだから、桜までは無敗でないといけない。
びーびー泣きそうになりながら何とか無敗のまま桜に勝つ。赤主従を飛ばして、バカップルとバーサーカーは問題なく勝利する。
さて、次はギル様……というところですこし気まぐれを起こした。ギル様戦前後の台詞をメモ帳に打ち出す。……疲れた。でも流石ギル様、頭が良すぎて紙一重なだけある。大好きだ。

そして入るナレーション。勿論蟲爺。
「ついに七つの星は集まった。北の七星揃う時、七賢者により封印されし古代の邪神が蘇る――」
「そんな大王道な設定で物語は幕を下ろすのであった。
聖杯なぞ知らぬ」


あ……あんたがそれをいうかーーー!


えー、願いを叶える聖杯は……慎二の「愛を下さい」を聞き届け、色が付きました。ギャルのパンティかオマエは。
間桐の人って……爺様は「冬木で第六回聖杯戦争は起こりません」ですっかりぼけたんだろうな……。

そしてついに判明したサーヴァント・タイガのクラス。どーゆー理由で英霊に……。
わたしたちの戦いはこれからだ! でおしまい。

……いいんじゃないでしょうか。ギル様ステキだったから。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。