2005年11月18日

だるいけど。

とりあえずここで何か書いておかないとなあ、という脅迫めいた感覚に苛まされる今日この頃。
いっそ別に読書感想文ページなりなんなり設置するか。うわ、絶対更新しなさそうだ。適当に日記に書いていって、溜まったら纏める形でならぎりぎりできるか?
……そんなことばかり考えているから、改装後のトータルデザインがきちんとできていないんだよな。はあ。

ということで、今日は幻冬舎文庫:西澤保彦黒の貴婦人』の読書感想。ミステリ短編集なので続きを読む際にはくれぐれも御注意を。



ネタバレ注意。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。