2006年01月05日

失われた時を懐かしく〜『小説スパイラル〜推理の絆〜2』感想。

年末年始で本屋に入荷がない(田舎だから)ため、本棚を眺める。
手に取ったのはエニックス(当時)・コミックノベルズ:城平京『小説スパイラル〜推理の絆〜2 鋼鉄番長の密室』だ。先日漫画が「ふざけんなー!」な終わり方をし、その憤りも大分落ち着いたので、小説シリーズ中一番気に入った物を手に取ってみた。

(読書中)

……なんでこんないい話を書けたのに、漫画があんな終わりなんだよ……(涙)。
残念というか時の流れは無情というか、居たたまれない気持ちだ。小説だけやってればいいとは言わないけど、どうしてこのレヴェルを維持できないのか。人間って悲しい。

心が懐古モードに入ったので「メルヘン小人地獄」もとい『名探偵に薔薇を』を読み返そう……。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。