2006年08月30日

『超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方』感想。


映画『UDON』の影響か、本屋に行くとうどん関連のミニコーナーができていた。
まーなー、一応地元だからなー。初日の初回でも映画館には空席あったらしいけどなー。

映画を見に行く気はないけれど、ミニコーナーの中に西日本出版社:田尾和俊『超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方』があったので、購入した。

以下、簡略に感想。
ネタバレ注意。
2006年08月28日

『Cielo』到着。


注文していたマッグガーデン:天野こずえ天野こずえ画集3 Cielo』が届いた。
前の画集と同じく、『AQUA』『ARIA』以外のカラーイラストも収録されている。『クレセントノイズ』は好きだったから嬉しいけれど、短編集の新装版に使われたイラストも、となると、少し微妙だ。画集の出るサイクルを短くするためという企業論理がかなり透けて見える気がする。
キャラクターが前面に出て来るようになったのも、個人的には少しマイナスだ。キャラクターよりも街の空気や風景をメインにして欲しいというのは、やはり我が儘だと自覚はある。むー。
カラーで一番好きなのは80Pかな。雨上がりの空気。

2006年08月28日

モードを変えると。

Fate/hollow ataraxia』の花札追加パッチにて。
「ジジイチームが弱い」とこの前書いたけれど、修羅・倍々モードを全部オンにしてみるとあら不思議。MP奪取が滅茶苦茶使いやすい。若奥様チームの大逆転まで防げるし、中々いいじゃん。
なんで前回「使えん」と切り捨てたんだろう……と思い返したらそれも当然。一番最初にカレンチームと当たって、問答無用で叩き伏せられたのだった。宝具封印、凶悪なり。

あとはワカメか……宝具追加された事だし、気が向いたときにでもゆっくりやる事を考えてみなくもない。


2006年08月27日

イヴェント、いいなぁ。

昨日『九龍妖魔學園紀 再装填(re:charge)』発売前イヴェントがあったらしい。
地方者で一応病人につき、応募すらしていないけれど、やっぱり羨ましい。いいなあ、行きたかったなあ。
また機会があれば、ダメもとで応募してみるのもいいかもしれない。

2006年08月26日

花火も見納め。


おいでよ どうぶつの森』の話。

今日は花火大会。で、今年の花火はこれで最後。
なので終わるまでゆっくり村の中をふらつく予定。村長さんから花火を貰いながら、ぼーっと眺めもする。線香花火、いいなー。
勿論、とたけけライヴに行って音楽を貰うのも忘れない。

明日は日曜だから、赤カブもかわなきゃなあ……。

2006年08月26日

ピアノスコア到着。

WILD ARMS Music the Best ―feeling wind―』のピアノスコアやなるけみちこさんインタヴュー&対談が載った、『Piece of Tears なるけみちこミュージックスコア フロムワイルドアームズシリーズ』が届いた。
……公式通販「ぶらっくまーけっと」のみでの販売、しかも支払いは代引きオンリーという事で、すっかり注文を忘れていた。で、『WILD ARMS Music the Best ―feeling wind―』発売を知って、慌てて注文した。届くのが早くて良かった良かった。

ネタバレ注意。
2006年08月25日

追加パッチでGo。

Fate/hollow ataraxia』の追加パッチが出たので、早速プレイ。


ネタバレ注意。
2006年08月24日

一日遅れで到着!


注文していた『WILD ARMS Music the Best ―feeling wind―』が届いた!
遅いわー! 発売日は昨日だー!
ネットで見るまで発売日をすっかり忘れていた自分も悪いけどさ。うう、地方在住は辛い。

早速開封してどきどきしながら聴く。
以下、主観的な短文感想。



ネタバレ注意。
2006年08月24日

『本の読み方 スロー・リーディングの実践』感想。


先日買ったPHP新書:平野啓一郎『本の読み方 スロー・リーディングの実践』の感想。
タイトル買いをしたのだが、かなり興味深かった。ちょっと自分の読書スタイルを反省。

ネタバレ注意。
2006年08月24日

育てよ少年。

こっそり気にしていた乙女ゲームの公式サイトが遂にオープンした。

エンジェル・プロファイル ドットネット

余り情報収集はしていないけど、基本は「プリンセスメーカー」男の子版。
執事が天使と悪魔だったり、育てる少年は呪いで幼児化していたり、結構オーソドックスなファンタジーっぽい。「プリメ」自体も勿論そうだけど。

自分には年下少年への愛着が余りないから、買わなさそうだな。女の子を育てる方がまだ好きだけど、その時も恋愛系EDより職業系EDを目指してばかり。恋愛系EDは「おやくそく」で「ついで」という意識が強い。……合わないんだろうな、多分。
話によると主人公の性別が選べるらしい。できればボーイズ要素はなしにして欲しいけど、多分あるんだろうなー。

しかしそれ以上に不安なのが、ゆうきあずささん&ジェネックス&PS2の組み合わせ。あははー、数年前にシステムが余りに駄目すぎて挫折したゲームがあったなー……ごめんなさいごめんなさい。
シナリオが黒いのはいいけど、誤字とか矛盾とか何よりシステムが怖い。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。