2006年03月10日

一気JOJO再読。

ふとした事から興味が沸いて『ジョジョの奇妙な冒険第1部のラストと第2部第3部をコミック文庫で再読した。……疲れた。
第4部はちょっと前に一通り読み返している。第5部は連載時途中で放り投げたので、それ以降は読んでいない。




一応第1部の途中辺りからはリアルタイムで雑誌を読んでいたので、かなり懐かしい。
読んでいくと「あ、アレってこれが元ネタだったのか」という驚きが味わえるのが凄い。表現や話に色々癖がありすぎるから、中々廃れないんだろうな。

初期の刷り込み的印象が強すぎてか、この漫画は「ロマンホラー 深紅の秘伝説」だと思うので第3部でエンドマークが付いている気がする。後はおまけ。
吸血鬼とかの超越的怪物相手に、人間が特殊能力と知恵を絞ってどう対抗するかが好きだったんだろうな。あと、一族の宿命とか、世代を超えた宿敵とか。
そういう嗜好なので、一番好きなのは第1部。日常の崩壊や最後の切なさにがんと来た。ツェペリの死ぬ時の予言辺りがファーストコンタクトだった気がする。
好きな主人公もジョナサン。第一印象は強い。ジョナサンは紳士、ジョセフは面白く、承太郎はクールとそれぞれ特徴付けがはっきりしていて分かり易かった。
スタンドは面白いけど、やっぱり波紋の方が好き――これが結論。

この漫画には幾らでも深いファンがいるだろうから、これで終わり。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14597212

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。