2006年05月03日

『ライトノベル「超」入門』感想。

昨日ちょっと長めの文章を書いたら覿面に体調が悪化した事を踏まえ、短めの文章を心掛けよう。
今日はソフトバンク新書:新城カズマ『ライトノベル「超」入門』の感想文。
少し前に「ライトノベルとはなんぞや?」的な解説本や紹介本が多発していて、ちょこちょこと読んだ。今回もそんな感じで購入を決めたのだが、作者を現役ライトノベル作家として知っていたというのも一因である。浪漫探偵・朱月宵三郎書いて下さい、無理でしょうが。

「まえがき」にあるとおり、基本的に「ライトノベルって何?」という人をメインターゲットにしている本なので、そういう意味では自分は対象外。しかも本文中のマニアック系ネタは微妙にジャンル外だったりする。
けれど結構面白く読めた。第2章まではライトノベル成立の歴史やキャラ属性の話など、既存知識の再認だったが、語り口の力もあってすいすい読める。
第3章以降が「ライトノベルって何?」に対する説明のメインだと思う。簡略な纏め方ができないので、ここは是非読んで欲しいと思う。

これまで読んだ解説書よりもこれ1冊の方が綺麗にまとまっている感じ。値段分の価値はある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17353645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。