2006年08月09日

ど〜ら〜ま〜。

今更ながら。

購入した集英社・ジャンプコミックス:松井優征『魔人探偵脳噛ネウロ』7巻の帯に、「ドラマCD発売決定!!」とあってびっくり。公式告知はこちら
いつもジャンプの半分から後ろ、色々こっそり危険な内容に打ち切りの恐怖を覚えていたこの漫画、ドラマCDを作って採算が取れる程のファンがいたんだ……意外。かなり意外。

や、嫌いな漫画じゃない。寧ろ好き。こっそりひっそり深く愛している。毎週読んでいるし、コミックスも買っている。
流石に今のサイトにいきなり突発コーナー作る度胸はないけど。

ドラマCDは、新規向けというより元々のファン向けのメディアミックスだ。値段も値段だから中学生以上対象……あー、元々この漫画12歳以上推奨だから問題ないのか。
ジャンプ本誌のメインターゲットとずれていても、年長の濃いファンは買うと予測されているんだろうな。はまる人ははまるタイプの漫画という見方には全く同感だ。
……さて、自分はどこで予約しようかな。



表紙の2人組に見える3人組にラヴ。夏だからか露出度高くて眼福眼福。

内容は雑誌で読んでいたけれど、やっぱり一気に読むと勢いと迫力がある。
特に今回は「最後の自分」像編クライマックスで怪盗Xとの対決もあるから、どきどき感が物凄い。雑誌で読んだ時は凄くじりじりとした覚えがある。

この漫画の売りは、自分にとってはまずストーリー展開、次に小ネタだ。一部で大人気らしい豹変犯人は、主義主張の着眼点以外それほど興味はない。
だから今回、怪盗Xの語りが胸に来た。自分が何者かを知りたいと思うのは、思春期の葛藤や自分探し風潮と重なる。ここで人間味のない化物というXのイメージが転換した。
一方で語り手の弥子が、自分の道を(最初は強制されたけれど)進むつもりになっている。アイデンティティを失ったXと、獲得しようとする弥子は、人間という枠内で対比されている。
そして別の対立軸として、己に揺らぎを持たないネウロという構図がある。脆い人間に近付いていると言いつつも、やはり圧倒的に格上の生物だった。それは自我の確立という面では、一種の完成された人格として映る。……いや、唯我独尊でサディストな性格をして「完成」と呼ぶのは、酷く躊躇われるけど。

シリアスな「最後の自分」像編に続いて、繋ぎ的なコミカルなテスト編もこの巻に入っている。……一応コミカルの筈だけど、イメージが「舐めろ」の一言に集約されてしまうんだよなあ……いいのかジャンプ。

一応既刊も紹介。

魔人探偵脳噛ネウロ(1) 脳髄の空腹
集英社ジャンプコミックス 松井優征

魔人探偵脳噛ネウロ(2) ひとりきりの歌姫
集英社ジャンプコミックス 松井優征

魔人探偵脳噛ネウロ(3) 鮮明なる“X(アンノウン)
集英社ジャンプコミックス 松井優征

魔人探偵脳噛ネウロ(4) 犬に爆弾
集英社ジャンプコミックス 松井優征

魔人探偵脳噛ネウロ(5) 鎧の兄弟
集英社ジャンプコミックス 松井優征

魔人探偵脳噛ネウロ(6) 髪とハサミとキリトリ線
集英社ジャンプコミックス 松井優征




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。