2006年08月19日

『C.M.B.』3巻感想。


通販で頼んでいた本が届いた。外出しなくても本が買えるとは、全く良い世の中になったものだ。

今日の所は、講談社コミックス:加藤元浩『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』3巻の感想。本当は後2冊買ったけど、送料無料にするための購入だから、感想は書かないかも。

収録作は「失われたレリーフ」「都市伝説」の2作。

「失われたレリーフ」は、森羅が持つ3つの指輪が意味するものが明らかにされる。
指輪が持つ権力については、これまでも語られてきた。今回、指輪の入手を目論むキャラクターの登場によって、その力が途方もないと知らされる。
勝負の題材のレリーフについては、最初の時点で「あれかな」と気付く人も多そうだ。レリーフの意味まで理解できなくても、少しパズルに詳しい人ならぴんと来るだろう。

「都市伝説」はオーソドックスな怪談から始まる話。
自分はこちらの方が好みだ。大きな謎よりも日常の謎が、この作者の味だと思う。
シゲおばさんの「私は歳をとらないの」はいい台詞だ。こんな風に格好良く言い切れる人間にはなれそうにないが、憧れる。
あと、クラスメートとの馬鹿馬鹿しい掛け合いもほのぼのポイント。

主役コンビが「天才少年&武闘派少女」で「謎を解く」話である辺り、同じ作者の「Q.E.D.」シリーズとの区別化が今ひとつ弱い気がする。タイトルも3文字のアルファベットだし、今後『ロケットマン』のような路線変更があるかもしれない。
一応「C.M.B.」では、天才少年の森羅は人間関係に酷く不器用な子供で、立樹が精神面を指導する、という形だ。ほぼ対等の友人関係にある「Q.E.D.」とはそこが違う。
謎解き方面でも、「Q.E.D.」は数学等の理系、「C.M.B.」は考古学等の文系ではある。けれど「一般人からは縁が余りない学問」である事には変わらない。
折角だから続いて欲しいけど、どうだろう。難しいかな。

一応既刊も紹介。


C.M.B.森羅博物館の事件目録(1)
講談社コミックス 加藤元浩

C.M.B.森羅博物館の事件目録(2)
講談社コミックス 加藤元浩

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22556983

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。