2006年08月26日

ピアノスコア到着。

WILD ARMS Music the Best ―feeling wind―』のピアノスコアやなるけみちこさんインタヴュー&対談が載った、『Piece of Tears なるけみちこミュージックスコア フロムワイルドアームズシリーズ』が届いた。
……公式通販「ぶらっくまーけっと」のみでの販売、しかも支払いは代引きオンリーという事で、すっかり注文を忘れていた。で、『WILD ARMS Music the Best ―feeling wind―』発売を知って、慌てて注文した。届くのが早くて良かった良かった。

タイトル直訳は「なみだのかけら」。
『WA1』重要アイテムでもあるけど、やっぱり10年間の艱難辛苦が込められているのだろう。一輪の花の写真も、とてもらしくて好き。

ページ開いた目次のすぐ後に、「WA」シリーズCDの紹介。
ちゃんとTVのCDも入っているのが嬉しい。一応ここに載っている物は全部持っている。
並べてみると、やっぱりジャケットに人間が入っていない方が好きだな。1のアレはゴーレムだから許す。やっぱり3のジャケットが一番か。

ピアノスコアについては飛ばす。……弾けないから。無理だから。

レコーディング風景の写真を挟んで、なるけみちこさんのインタヴュー。
音楽との関わりとか、「WA」シリーズとの関わりとか、プレッシャーとか……。『WA3』から色々あったプレッシャーがどーんと来て、『WA4』でぱたっといったらしい。『WA:F』だってかなり苦労なさったらしいし。
それでも『WA4』に関われて良かったと語っているのが嬉しい。この人の曲を楽しみにプレイしている人間も、確かにいるのだから。

続いて一対一での対談。お相手は順番に、麻生かほ里さん(歌手・声優)、北山陽一さん(ゴスペラーズ)、外山和彦さん(作編曲家)、酒井省吾さん(ゲームコンポーザー)。
……すみません麻生さん以外のお名前は存じませんでした。ゴスペラーズはグループ名は流石に知っていたけど、メンバーまでは……。余裕ができたらCDちゃんと聞いてみようと思います。
音楽に色々な形で関わっている人達の話は、成程と納得させられる点が多かった。ああ、ゲームを音楽中心にしてやり直したい。
何となく全体的に弱気っぽいなるけさん。プレッシャー、まだ大きそうだしなー。

ピアノスコアは眺めるだけの自分には、ちょっと高い買い物かもしれない。送料もあるし。
でも、高すぎるとは思わない。まあまあかな。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22844377

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。