2005年11月26日

クリア……(涙)。

友人はにー(仮名)と本の貸し借りとかランチとか、色々遊んだ。
今回は何故かゲームメイン。といっても、対戦ゲームは自分の反射神経に激しく難があるのでできない。どちらかというとプレイしたゲームの見せ合いという感じだ。





こちらの持ち玉は『Fate/hollow ataraxia』の「風雲! イリヤ城」。あのミニゲームは25禁じゃないかと思い、同年齢の彼女に意見を求める。
「……本来とは別の意味で明らかに年齢制限してない?」
同意をいただけて嬉しいよ、我が友よ。
プレイしているのは一応ストーリーモードなので、順次クリア……ああああああっ! ずっとずっと出せなかったタイガーストラップ、ゲットぉぉぉぉ! ああ、これで残りは天の杯だけだ! ありがとう幸運の女神、ありがとう心の友よ!
喜びに暴走した頭で「ナショナルとレジャー」とか「決戦」とか「ランサーズヘブン」とかのゲームポイントを披露して友人を疲れさせる。ふ、勝利。

そして今回のメインイヴェント・ピクトチャット。NINTENDO DSを持っている友人は(自分の交友関係が狭すぎるせいで)友人はにー(仮名)のみ。しかし彼女は絵が得意な御方……どれほど、一体どれほどピクトチャットを申し出るのに勇気が要ったことか、清水の舞台から投身自殺するのに充分匹敵する。
「幾ら何でもそれは言い過ぎじゃ……」
はっはっは、猫を描いたら犬と言われ、兎を描いたら象と言われ、A駅近辺地図を描いたら何このパズルと言われた我が画力(一部誇張表現アリ)! 付き合いの薄い者においそれと見せられる代物では決してないわ!
「言ってて空しくない?」
滅茶苦茶悲しいです。どうか一度で構いませんからピクトチャットにお付き合い下さいませ。折角のDSなのでやってみたいんです。
そして2人でぴこぴこかきかき。おお、反応が早い。漢字は打てないけど、コントローラのマークがあって面白い。友人はにー(仮名)の絵も、こんな小さな表示領域なのに綺麗に……いやそれは友人はにー(仮名)が上手いからだけど。自分の絵はスライム描いてもモーグリ描いてもスクウェア・エニックス社から訴えられないと断言できるレヴェル、と言うことで。

途中、友人はにー(仮名)が思い立って持ってきてくれたのは、GB microファミコンヴァージョン。うわーうわー、やっぱりこれだよねー。
「あ、スーマリあるよ。やってみる?」
う。(←旧版で1-1の穴を飛び越えられなかった子供)
……あ、あの時から10年以上経っているんだから……今ならもしかしたら……!
淡すぎる期待に賭け、友人はにー(仮名)からちっちゃなゲーム機を受け取る。電源ON。おお懐かしい。
あ、2段ジャンプできない(できるのは『WA4』)。え、煉瓦上れない。偶然上れたら落ちた。折角大きくなったのに縮んだ。スーパー化なんてできない。あ、死んだ。リトライ。煉瓦上れない(中略)……ああ、ラストのフラッグに届かない……けど、けどッ! 今確かに自分、1-1をクリアしたよ!! 何年? 一体何年掛けた快挙? ああ駄目、涙が出そう……。
喜びにむせびつつ1-2へ。土管に入って、地下に落ちて。
ぴぽ ちゃらっらちゃらちゃららん、らん。
「……今あっという間に死ななかった?」
うん、瞬殺。
リトライせず、潔く電源OFF。いいんだもう……1-1クリアできたから、もうそれだけで満足だよ……。

帰り際「ちょっと待っててー」と友人はにー(仮名)から1袋渡された。開けてみると、自分が彼女に貸した本。ああこれだけか。残りまだどれくらい?
「んー、今日借りた物以外に、2袋」
……そんなにあった?
「うん、一杯」
と言うことは……整理した本棚、あと3袋分のスペースを空ける必要があるわけで……無理、駄目、一杯。また何か売らないと空かない。おかしい、増やした覚えはないのに。
「増やしてなくても買ってるじゃん」
……その通り。

と言うことで、とても充実した1日だった。



あ、本屋行くの忘れた。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。