2006年02月20日

今週のジャンプ。

いつものように立ち読みに行ったら、ジャンプが発売日なのに見当たらない。
あれ? と思ったけど、棚の奥で発見。へー、表紙『魔人探偵脳噛ネウロ』かー……って。
なんだこのエグイ表紙は。
……いや、落ち着け自分。この漫画が年齢一桁には見せられない話なのは、前々から判っていた。それがただ表紙にまでなっただけで……売上、落ちないかなあ。
と思ったら、レジで「今週のジャンプどこですか」と聞く大学生(推測)がいた。見付けられなかったのもまあ、無理はないかも……ってもしかして、売れてる?

ページを開いて理解する。
やっちまったよ編集部。
魔人探偵脳噛ネウロ』一周年の人気投票……凄い。頭を抱えたくなった。詳細を書き込む気力もなくなるくらいに。
一部で熱狂的な人気を誇る漫画だから、この号だけは買うって人が多いんだろうな。気持ちは判る。自分もつい買っちゃったし。

一応連載時から読んでいるし、コミックも買っているし、いつ掲載中止とか発禁処分が下るかとかで気になる漫画だから、自分も投票してみようか、という気になった。これだけ「さあネタ投票をするがいい!」と言わんばかりのエントリーだから。
しかし、これが一年続いた事が、ある意味恐ろしいな……。



2006年02月07日

『ゴーストハント』9巻。

最近、ずっと中断していたシリーズが再開される事が多いと思っていたら、またあった。
講談社・コミックスなかよし:いなだ詩穂(原作小野不由美)『ゴーストハント』9巻、遂に発売!

長かった……連載がまとまるのを待っていたあの頃が懐かしい。半年ごとの描き下ろしになったと聞いた時「絶対遅れる」と確信したのだが……。
話の途中で2年7ヶ月待ちは辛いぞ。
……それ言い始めたら「後編を待って○○年」「外伝を待って××年」とか色々あるけど。ええ色々、原作者に対しても。

とにかく待望の続刊! 久し振り! 良かった! めでたい!
地方民故に一日遅れで、胸に希望の光を灯しつつ本屋へ向かう。ああ、平積みの新刊コーナーが輝いて見えるよ!

GH9巻表紙

暗ッ!

しかも表紙でガン付けられてる気がするよ……。背景よく見たら夜の日本海だし。

……自殺者の地縛霊


ネタバレ注意。
2005年12月26日

このオチ、やっぱり。

秋田書店の月刊誌「サスペリアミステリー」は、講談社の隔月刊誌「マガジンGREAT」ほどではないが、探しにくい雑誌である。マイナー誌の悲しさよ。
この「サスペリアミステリー」、ミステリ小説の漫画化がメインである。見知った小説家の名前に惹かれて手に取り、後悔したという話を何度か聞く。自分は数話読んで止めた。
なのに未だに読んでいるのは、半ば惰性である。コミカライズ作品以外でそれなりに興味がある作品があるので、切り捨てられない。ああ無情。

で、その数少ない注目作品である秋乃茉莉幻獣の星座』が今月号で完結した。ちょっと言いたいことがあるので、感情のままに感想文を書いてみる。批判気味なのでファンの方は御注意を。




ネタバレ注意。
2005年12月01日

『コーセルテルの設定資料集』到着。

一迅社・ZERO-SUMコミックス:石動あゆま『コーセルテルの竜術士物語』2巻発売時、帯に付いている応募券を送れば設定等の載った小冊子を送る、という全員プレゼント企画があった。で、その小冊子『コーセルテルの設定資料集』が今日届いていた。
以下簡単に感想を。



ネタバレ注意。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。